HOME 健康づくりサポート・おもてなしの店病院食・施設食 満足度向上"もてなし"情報ゴールドフードレシピ集みなさんの声
 
ゴールドフードレシピ トップページへ
■公募レシピ 
高齢者部門
プロの部
鶏挽肉と白菜の重ね蒸し錦あん
はらこDe・ヘルシー
サーモンとおからのハンバーグ
レバーミートローフ
一般の部
鮭のふわふわ蒸しあんかけ
豆乳そばがきグラタン(和風味)
さつまいもスープ
大豆入りカボチャのスープ
こども部門
プロの部
鮭と海老のクリームソース・ライス
一般の部
干物のライスコロッケかわりごろも
トマトのカップサラダ
せんべい風サクサク揚げ
野菜のキッシュ
 
■栄養士会レシピ
夏向けメニュー
ずんだコロッケ
(仙南栄養士会)
小アジの韓国風味
(岩沼支所管内栄養士会)
ホヤホヤ御飯
(仙台市地域活動栄養士会)
豆乳ゼリーのブルーベリーソースがけ
(黒川地区栄養士研究会)
モロヘイヤスープ
(大崎栄養士会)
ずんだはっと
(栗原地区栄養士会)
長芋のじゅんさいがけ
(登米地区栄養士会)
そら豆とじゃこのかき揚げ
(石巻管内栄養士会)
   
 
「ゴールドフード」レシピ集
「ゴールドフード」とは・・?
お年寄りからこどもまで、誰もが食事を楽しめる、そんなメニューや調理のアイディア等を総称して「ゴールドフード」と呼びます。
このレシピ集には、平成14年度に公募し、食に関する専門家による審査を経て選定された入賞作品及び栄養士会の皆さんの協力を得て作成したレシピを紹介しています。
お年寄りからこどもまで、皆が一緒の食卓を囲み、食事を楽しめる食環境づくりを目指し、飲食店・高齢者施設など、食事を提供するあらゆる場面で、メニューづくりの参考としてご活用いただければ幸いです。また、わかり易いレシピとなっておりますので、皆様のご家庭でも是非お試しください。
 
公募概要
「ゴールドフード」〜誰にも優しい調理の工夫〜
平成14年度 募集から表彰まで
募 集
(1) 募集期間 平成14年9月1日〜9月30日の1ヶ月間
(2) 応募件数 58件  (高齢者部門34件、こども部門24件)
     
一次審査(応募レシピと写真による書類審査)
(1) 日 時  
(2) 会 場  
(3) 審査員 (敬称略。順不同。)
  委員長  佐々木南子(社団法人宮城県栄養士会〉
氏家 幸子(   〃   )
飯渕 由美(   〃   )
清塚富貴子(   〃   )
佐藤 君枝(   〃   )
     
二次審査(実食による審査)
(1) 日 時 平成15年1月28日(火)11:00〜15:00
(2) 会 場 「勾当台会館」蔵王西の間(仙台市青葉区国分町3丁目9−6)
(3) 審査員 (敬称略。順不同。)
  委員長 大出 京子(尚綱学院大学教授)
佐々木南子(宮城県栄養士会)
佐藤次郎(宮城県調理師会副会長)
菊地 哲郎(勾当台会館調理部長)
藤原勝子(ジャパン・フードコーディネーター・スクール校長)
(4) 選定数
一般の部      
高齢者部門 最優秀1点、 優秀3点 (審査対象5点)
こども部門 (   〃  )
プロの部      
高齢者部門 (   〃  )
こども部門 最優秀1点、 優秀1点 (審査対象2点)
     
表 彰
  平成15年3月13目に勾当台会館で開催した
「みやぎ食ホスピタリティ・フォーラム」において、
最優秀作品の試食会と併せて表彰式を行いました。
 
このページトップへ戻る▲
健康づくりサポート・おもてなしの店病院食・施設食 満足度向上"もてなし"情報ゴールドフードレシピ集みなさんの声
Copyright © 2003 MIYAGI Prefecture. All rights reserved.