HOME 健康づくりサポート・おもてなしの店病院食・施設食 満足度向上"もてなし"情報ゴールドフードレシピ集みなさんの声
 
ゴールドフードレシピ トップページへ
■公募レシピ 
高齢者部門
プロの部
鶏挽肉と白菜の重ね蒸し錦あん
はらこDe・ヘルシー
サーモンとおからのハンバーグ
レバーミートローフ
一般の部
鮭のふわふわ蒸しあんかけ
豆乳そばがきグラタン(和風味)
さつまいもスープ
大豆入りカボチャのスープ
 
高齢者部門 プロの部
鶏挽肉と白菜の重ね蒸し錦あん 最優秀
応募者 千葉節子さん(仙台市・栄養士)
   
材料(4人分)
白菜 4枚
鶏挽肉 200g
┌しょうが 小2/3
│酒 大2/3
A 塩 小1/3
│こしょう 少々
└ 片栗粉 大2/3
錦あん
 にんじん 20g
 だいこん 40g
 卵 20g
 きくらげ 2枚
 絹さや 15g
だし汁 300cc
 酒 大2/3
 みりん 大2/3
 しょうゆ 大2/3
 砂糖 大1/3
 片栗粉 大1 1/2
1、 白菜は、洗ってそのまま湯がく。
2、 鶏挽肉Aを入れよくかき混ぜる。
3、 流し缶(14×11.5cm)にサラダオイルを敷き、缶の大きさにあわせて、白菜を敷き片栗粉を茶こしでふり、その上に挽肉を薄く敷く。その作業を2段にする。最後に白菜を置いて片栗粉をふる。
4、 蒸し器で20分蒸す。
5、 にんじん、大根、キクラゲ、絹さやは2cm長さのごく細い繊切りにする。
6、 卵は、薄焼きにし、薄く線に切る。
7、 鍋に、だし汁を入れ、にんじん、だいこん、キクラゲを入れ、煮る。野菜が柔らかくなったら、酒、ミリン、しょうゆ、砂糖を入れ、調味する。最後に絹さやを入れ、片栗粉でとろみをつける。
8、 蒸し上がった白菜の重ね蒸しを4等分にし、一人分を更に2等分して器に盛り、錦あんをかける。最後に薄焼き卵で飾る。
   
調理法の工夫
野菜を、2cmのごく細切りは、高齢者の方でも、食べやすく、見た目にも美しく見えるので、食欲をそそる。少し甘めにすることと、だしをしっかり取ることで塩分が控えられる。
高齢者が食欲がないときでも、食べてみようかなと思える一品です。野菜もたくさんとれ食べやすいです。1人分のエネルギー82キロカロリー、蛋白質10.2g、脂質2.7g、塩分0.9gと高齢者が取りにくい良質の蛋白質がとれ、塩分も控えめです。
   
<<前のページ 次のレシピ>>
 
このページトップへ戻る▲
健康づくりサポート・おもてなしの店病院食・施設食 満足度向上"もてなし"情報ゴールドフードレシピ集みなさんの声
copyright © 2003 MIYAGI Prefecture. All right reserved.